春近し

先日 節句の際、弊社と長くお付き合い下さっている、
長崎の代理店さんから ”桃カステラ” を頂きました。

長崎では、伝統菓子としてこの時期に使われるそうで、
桃の形に型取られた 長崎銘菓’カステラ’の上に、桃の淡いピンクと
葉の緑色を差した’すり密’をかけて桃の外見に仕上げたもので、
とても春らしくかわいらしい、そしてとてもおいしいお菓子でした。


桃の節句といえば、流し雛の行事が思い出されます。
紙の人形(かたしろ)で体を撫で、それを川に流すことで厄払いを願う---


折に触れ、水と人との深い関わりを 改めて感じました。
[PR]
by ngm-pi-water | 2006-03-07 15:39


<< 夏への準備 明けましておめでとうございます >>